Rustコンソールコマンド

rust console commands

Rustコンソールコマンド

Rustの荒れ地で苦労しているとき、開発者コンソールが必要になることがあります。不正行為に対する厳格なルールを備えたマルチプレイヤーゲームとして、Rustのコンソールコマンドで悪用されるものは何も見つかりませんが、ゲームが少し不安定であることがわかった場合は、さまざまなグラフィックオプションのオンとオフを簡単に切り替えることができます。その余分な数FPS。



Rustのコンソールコマンドコードをすべてまとめて学習できるので、荒れ地の真のマスターになることができます。



Rustコマンドをどのように入力しますか?

F1をタップしてコンソールを開き、使用するコマンドを入力するだけです。 「true / false」コマンドの場合は、コマンドとしてtrueまたはfalseを引用符なしで入力するだけです。

Rustクライアントコマンド

プレイヤーにメッセージを送る
/ msg
特定のプレーヤーにメッセージを送る



紫色のメッセージ
/私
テキストを紫色に変更します

Rustコンソールコマンド

検閲
censor.nudity“ true / false”
ヌード検閲のオン/オフを切り替えます

咲く
gfx.bloom「true / false」
ビジュアルブルームのオン/オフを切り替えます



ダメージインジケーター
gfx.damage“ true / false”
ダメージインジケーターのオン/オフを切り替えます

放射線粒
gfx.grain“ true / false”
放射線粒子の視覚効果のオン/オフを切り替えます

サンビーム
gfx.shafts「true / false」
日光のシャフトのオン/オフを切り替えます

スクリーンスペースAA
gfx.ssaa「true / false」
画面スペースのアンチエイリアシングのオン/オフを切り替えます。

アンビエントオクルージョン
gfx.ssao「true / false」
画面スペースのアンビエントオクルージョンのオン/オフを切り替えます。

HDR
gfx.tonemap“ true / false”
ハイダイナミックレンジの視覚効果のオン/オフを切り替えます。

草の変位
grass.displacement“ true / false”
草の変位のオン/オフを切り替えます。

目に見える足跡
grass.disp_trail_seconds“ 1-???”
草の中に足音が見える時間を設定します。

草の再描画
grass.forceredraw“ true / false”
移動後の草の再描画を有効/無効にします。

グラスを無効にする
grass.on「true / false」
草のオン/オフを切り替えます。

オブジェクトの影
grass.shadowcast「true / false」
オブジェクトに投影されたシャドウのオン/オフを切り替えます。

地面の影
grass.shadowreceive「true / false」
地面にキャストされたシャドウのオン/オフを切り替えます。

Hide UI
gui.hide
ユーザーインターフェイスをオフにします。

ブランディングUIを非表示
gui.hide_branding
右上隅のブランディングUIをオフにします。

UIを表示
gui.show
ユーザーインターフェイスをオンにします。

ブランディングUIを表示する
gui.show_branding
右上隅のブランディングUIをオンにします。

サーバーIPに接続します
net.connect“ Server IP” / client.connect ip:port
直接サーバーIPに接続します。

サーバーから切断します
net.disconnect
サーバーから切断します。

サーバーに再接続します
net.reconnect
最後に使用していたサーバーに再接続します。

ゲームをやめる
終了する
ゲームを終了します。

自殺する
自殺
キャラクターを殺し、リスポーンできるようにします。

見えない地形を描く
terrain.idleinterval“ 0-100”
見えない地形を描画する頻度を設定します。 0に設定すると無効になります。