War Thunderの日本の技術ツリー:良いもの、悪いもの、そしてタイプ89b I-Go Ko

war thunder s japanese tech tree

WarThunder日本の戦車

この投稿はGaijinEntertainmentとの提携により作成されました。



GaijinがWarThunderのGroundForcesコンポーネントをオーバーホールし、英国の技術ツリーを追加してから1年が経ちました。今、私たちは、待望の独特な日本の技術ツリーである、真新しい戦車、対空車両、駆逐戦車の威嚇するようなバレルを見つめています。



いくつかを必要とします War Thunder GroundForcesの初心者向けのヒント ?私たちはあなたをカバーしました。

War Thunderの他の技術ツリーと同様に、それぞれを発見、回避、および操作するための隠された宝石、完全な失望、および優れた万能選手がたくさんあります。ティアをすりつぶすのは大変な作業ですが、最初にロックを解除する車両を知っていると、最後までロックを解除するのが最善である、ほとんど役に立たないタンクで立ち往生するのを防ぐことができます。ドイツの戦車が厚いプレートアーマーに埋もれ、イギリスの戦車が徹甲弾で覆われているように、日本の技術ツリーには、習得する前に克服できる独自の一般的な癖があります。



初期の日本の戦車

WarThunder初期の日本の戦車

歴史的に、日本は戦車の設計が関係する他の世界の大国に常に遅れをとっていました。初期のモデルは、戦車を歩兵と一緒に直接支援するための道具と見なしていたフランスの戦車設計の教義に従いました。もちろん、War Thunderには歩兵がいないため、重装甲がないことは、日本の技術ツリーの初期段階全体で一貫した問題です。ゲーム内のほぼすべての戦車が1発で初期の日本の戦車を殺すことができ、弱点がいたるところにあるため、敵はどこを撃っているのかを慎重に考える必要はありません。

薄い装甲と角度の付いた装甲の両方を組み合わせることで、ショットをそらすために釣りなどの戦術に頼ることができなくなります。初期の日本の戦車は、すべての重要なコンポーネントを非常に明白な場所に詰め込んだ罪を犯しています。最初のショットであなたを殺さない場合は、弾薬ラックに点火するか、重要な乗組員をノックアウトします。あなたの最善の策は、隠れたままで、どんな銃撃戦でも常に最初のショットを取得することです。



幸いなことに、日本の戦車を使用するときに必要なのは、通常、最初のショットだけです。砲弾には爆発性の高いフィラーがたくさん詰まっているため、貫通に成功すると即座に殺されるか、少なくとも重要な乗組員が無力になります。フォローアップの打撃を与えるのに十分長い間。したがって、少なくとも理論的には、忍耐強く最初のヒットを得ることができれば、得られる限りの成果を上げることができます。これは、リスポーンがどれだけうまくいくかにかかっている現実的な戦いではさらに問題になります。死ぬ前にやった。

最後の一般的な強みは、日本の戦車の銃の沈下に関するものです。これは、全面的に優れており、地上部隊でハルダウンアプローチを採用しているプレイヤーを補完します。ほとんどの日本の戦車は15度から20度の間で銃を下げることができるため、適切な地形で、特にアメリカの戦車に対抗するときに手ごわいものになります。

最高の初期段階の日本戦車

タイプ97チハカイ

ウォーサンダーチハカイ

九七式中戦車への道は、日本の技術ツリーで最も穏やかなルートの1つであるだけでなく、賞品は、バランスの取れた中戦車です。通常、それは大したことではありませんが、初期の段階で唯一のサービス可能な日本の戦車であるという事実は、この戦車を祝う価値のある成果にしています。

その同類の多くのように、それは対空砲によってさえ貫通されることができる貧弱な装甲に苦しんでいます。それを補うために、その装甲はよりよく傾斜しており、正面にたくさんの曲線と予測できない角度があり、砲弾が完全に跳ね返る可能性が高くなっています。

また、その前にある戦車や、それがティアを共有する軽戦車とは異なり、Chi-HaKaiはしっかりと貫通する銃を持っています。主砲は高速47mm砲です。つまり、前任者よりもダメージは少ないものの、装甲を突破するのははるかに簡単です。これは、一般的な初期の戦車にとっては根強い問題です。この戦車の最善の策は、その貫通力を使用して乗組員をターゲットにすることです。少し時間がかかりますが、側面の戦術に頼ることなく、より多様な敵と戦うことができます。

タイプ3チヌ

ウォーサンダーチヌ

Chi-Nuは、実際には戦車のように見えるという点で、日本の技術ツリーの以前のすべての軽戦車および中戦車からの大幅な設計変更を示しています。さらに良いニュースですが、それも同じように機能します。パワー不足の昔の銃はなくなりました。Chi-Nuには75mmの主砲があり、アメリカのシャーマンとドイツのIV号戦車と同じ高さになります。装甲もあり、ラウンドを吸収するのに十分ではありませんが、ほとんどのヒットは少なくとも生き残ることができます。

中戦車としても非常に高速です。ただし、最大の改善点は砲塔の旋回速度です。これは、他の初期の日本の戦車の最悪の特性の1つです。これにより、ピーカブーの戦術、釣り、および接近戦での防御がはるかに簡単になります。それをChi-Nuの優れた銃のくぼみと組み合わせると、完璧なピルボックス戦闘機ができます。

最悪の初期段階の日本戦車

タイプ89bI-Go Ko

ウォーサンダー私はコに行きます

トラクターのように見えるという事実は、この初期の日本の軽戦車について知る必要があるすべてを教えてくれるはずです。これは予備の日本の戦車の1つであり、間違いなく2つの戦車の中でより貧弱です。そのプロファイルは巨大ですが、厚い装甲があれば問題ありませんが、そうではありません。また、最高速度は時速30 kmで、非常に低速です。

その節約の恩恵は、主砲である57mm榴弾砲スタイルの砲であり、砲弾の速度は大幅に低下しますが、丘の上で発砲することができます。これは予備の戦車としてはまともな銃ですが、特大のダーレクに似た戦車で最初の重要な射撃を行うのは良いことです。歴史的には、1932年の満州事変の際に配備され、反撃しない大きな標的であるピルボックスや建物を破壊するのに効果的でした。

タイプ2カミ

ウォーサンダーカミ

ファイアファイトでのカミの唯一の希望は、その純粋なかわいらしさが敵の攻撃を思いとどまらせることです。それは全く役に立たない。まず、浮くことができません。これは、後部に2つの小道具があることを考えると注目に値します。シェリダンのように、これは、歴史的に陸地に到達したときに捨てられていた浮力装置なしでゲームに登場する水陸両用戦車です。 Ka-Miには、ゲーム内で最も薄く、傾斜が最も小さい鎧もいくつかあります。また、とてつもなくかさばり、主砲が貧弱で、砲塔の移動速度が哀れです。それは絶対に愛らしいですが、このタンクを急いで入手しないでください。

最高の初期段階の日本の駆逐戦車と対空車両

Type 4 Ho-Ro

ウォーサンダーホロ

Ho-Roについて知っておく必要があるのは、150 mmの榴弾砲があり、第5層の戦車でも取り出せることです。また、爆発性の高い砲弾のおかげで、必要なのは1発だけです。もちろん、この驚異的な兵器には、基本的に敵を攻撃しなければならない低速の砲弾などの欠点があります。キャリッジ自体は操作が非常に難しく、限られた砲塔の移動はその問題を悪化させるだけです。しかし、そのワンショットキル能力の点でHo-Roに匹敵するものはありません。この駆逐戦車は、装甲が不足しているために露出した乗組員が一瞬で拾い上げられる最前線から見えないように、自然の覆いの後ろから撃ったり、通り全体を押さえたりできる脇役として配置するのが最適です。

タイプ3Ho-Ni III

ウォーサンダーホニ3

Ho-Roの榴弾砲に問題がある場合は、確実な貫通値ではなく、HEの可能性に過度に依存しているということです。 Ho-Ni IIIは、榴弾砲を長砲身の75mm砲に交換し、その過程でより優れた装甲、砲塔トラバース値、機動性を獲得します。これはHo-Roのバランスの取れた叔父であり、その可能性はやや枯渇していますが、敵に穴を開けるのに苦労することは絶対にありません。

いすゞ94型

ウォーサンダータイプ94

日本初の対空砲は、実際には技術ツリーで最高の1つです。トラックに搭載された20mm大砲で、紙の上ではほとんど目立ちません。ただし、搭載されているトラックは実際には驚くほど頑丈です。これは、トラックに装甲がなく、攻撃するものがほとんどないためです。ほとんどの砲弾は、爆発することなくタイプ94を通過します。 20mm大砲は、ほとんどの初期段階の戦車の装甲を貫通することもできます。これにより、特に都市部では、航空機をターゲットにしながら地上位置を守るために角を曲がることができます。線路がないため、起伏の多い地形を横断するのに苦労し、開放的な設計のため航空機に対して脆弱であるため、他の場所ではそれほど有用ではありません。

最高の中層日本戦車

タイプ5Chi-Ri II

ウォーサンダーchri ii

最後に、トロル用のタンク。この獣のような第3層戦車は、自動装填メカニズムを使用するゲームで最初のクラスです。つまり、再装填する前に3つの砲弾をすばやく連続して発射できます。一方で、それは膨大な数の戦術的可能性を開きます。一方、3つのショットをすべて発射すると、30秒を超える膨大なリロード時間が発生します。しかし、トレードオフは確かにそれだけの価値があります。このオートローダーには、敵を隠蔽するために1つのシェルを発射したり、3つすべてをスパムして敵が直面するほぼすべてのものを完全に破壊したりするなど、多くの楽しみがあります。

重量や低速など、大きな欠点があります。また、巨大であり、重戦車とは異なり、特に後部には弾薬ラックが詰め込まれているため、完全な装甲がありません。しかし、6秒以内に3発の砲弾を敵に降ろすことができるという事実が、この戦車のすべてです。

軽戦車M24SDF

m24 sdf

この戦車の見た目と音がおなじみの場合、それはそうだからです。日本のM24SDFは、1954年に日本の厳しく制裁された戦後の軍隊に番号が付けられたため、アメリカのM24チャフィーと同じです。実際の生活ではあまり効果がありませんでしたが、ウォーサンダーではM24SDFが1つです。ゲームで最高のライトタンクの1つであり、確かに日本のハイテクツリーであるKa-Miの以前のライトタンクよりも大幅に改善されています。

M24 SDFは、75mmの主砲のおかげで、その層のどの戦車も簡単に貫通できます。ただし、Chi-NuやHo-Ni IIIとは異なり、M24はゲームで最速の戦車のひとつであり、その信じられないほどの薄型により、熟練したフランカーになっています。 M24は、それ以前の他のすべての日本の戦車とは異なり、フラットまたはかろうじて傾斜した装甲をほとんど備えていません。つまり、機関銃の火をすくめて、より重いショットを跳ね返すことができます。そのpiècederésistanceは、移動中に正確に発砲できる垂直面スタビライザーです。 Advance to the Rhineのような都市地図では、M24が最高の地位を占めています。

War Thunderでお気に入りの日本の戦車は何ですか?以下のコメントでお知らせください。